masterhead masterhead  masterhead

SORSTシンポジウム

科学技術振興機構主催・石川小室研究室共催のシンポジウムが, 2010年3月10日, 日本科学未来館にて開催されました。

シンポジウムはファナック(株)基本ロボット研究所名誉所長, (社)日本ロボット学会の榊原伸介会長の基調講演から始まり, 続いて当研究室の石川正俊教授が総括講演を行いました. 講演内容は, 従来をはるかに超えた高性能な「手」・「眼」・「触覚」の開発事例, およびそれらを統合した超高速・高機能ロボットマニピュレーションシステムについての解説を中心に行われ, 後半は大阪大学の金子真教授, 電気通信大学の下条誠教授, 千葉大学の並木明夫准教授が研究成果を発表されました.

   

また, 同会場のイノベーションホールにて, シンポジウムに先立って11時より開催されておりましたデモンストレーション会場には, シンポジウム開始前からも研究内容の書かれているパネルを見に, 多くの方が来場されていました.シンポジウムの休憩時間・講演後には, ロボットのデモンストレーションが行われ, 沢山の方がロボットの見学に来場されました.

   

当日は朝から小雨が降っておりましたが, 開場時間には天気も晴れ, 中には立ち見をされる方もいらっしゃるほど沢山の方が来場され, シンポジウムは盛況のうちに終了いたしました.


SORSTシンポジウム  ロボット新世代 ― 感覚運動統合理論に基づく「手と脳」の工学的実現 ―

   日 時:2010年 3月10日(水) 13:00~16:15
   会 場:日本科学未来館7F


東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川渡辺研究室
Ishikawa Watanabe Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Watanabe Laboratory. All rights reserved.
logo