masterhead masterhead  masterhead

村上 健一

Portrait

所属・連絡先

学術支援職員
東京大学 情報理工学系研究科 創造情報学専攻
〒 113-8656 文京区本郷 7-3-1 (工学部6号館230号室)
TEL: 03-5841-6937(研究室)
FAX: 03-5841-6952
E-Mail: kenichi_murakami

研究テーマ

高速キャッチング

発表文献

学術論文

  • 村上健一, 並木明夫: 視覚サーボを用いた移動・変形するスクリーンへの投影画像制御, 日本機械学会論文集C編, Vol.79, No. 808, pp.4757-4769 (2013) [千葉大]
  • Taku Senoo, Masanori Koike, Kenichi Murakami and Masatoshi Ishikawa: Impedance Control Design Based on Plastic Deformation for a Robotic Arm, IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 2, No. 1, pp. 209-216, 2017. [link]

国際会議発表

  • Kenichi Murakami, Taku Senoo and Masatoshi Ishikawa: High-speed Catching Based on Inverse Motion Approach, 2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, (Phuket, 2011.12.9) /Proceedings, pp.1308-1313 (2011)
  • Shouren Huang, Kenichi Murakami, Yuji Yamakawa, Taku Senoo and Masatoshi Ishikawa:Fast Peg-and-Hole Alignment Using Visual Compliance,2013 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS'13)(Tokyo,Japan,2013.11.04) /Proceedings, pp.286-292
  • Taku Senoo, Masanori Koike, Kenichi Murakami and Masatoshi Ishikawa: Visual Shock Absorber Based on Maxwell Model for Anti-Rebound Control, 2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, (Hamburg, Germany, 2015.9.29) / Proceedings, pp. 1640-1645.
  • Kenichi Murakami, Yuji Yamakawa, Taku Senoo and Masatoshi Ishikawa: Motion Planning for Catching a Light-weight Ball with High-speed Visual Feedback, 2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, (Zhuhai, China, 2015.12.7) / Proceedings, pp.339-344(2015)
  • Masanori Koike, Kenichi Murakami, Taku Senoo and Masatoshi Ishikawa: Visual Shock Absorber Based on Plastic Deformation Control, 2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, (Zhuhai, China, 2015.12.7) / Proceedings, pp.656-661.(2015)
  • Taku Senoo, Masanori Koike, Kenichi Murakami and Masatoshi Ishikawa: Impedance Control Design Based on Plastic Deformation for a Robotic Arm, 2016 IEEE International Conference on Automation Science and Engineering, (Fort Worth, USA, 2016.8.23)
  • Taku Senoo, Gaku Jinnai, Kenichi Murakami and Masatoshi Ishikawa: Deformation Control of a Multijoint Manipulator Based on Maxwell and Voigt Models, 2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, (Daejeon, Korea, 2016.10.12) / Proceedings, pp. 2711-2716, 2016.
  • Kenichi Murakami, Yuji Yamakawa, Taku Senoo and Masatoshi Ishikawa: Rolling Manipulation for Throwing Breaking Balls by Changing Grasping Forms, 2016 IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS CONFERENCE (IECON2016), (Florence, Italy, 2016.10.26) / Proceedings, pp.791-796 (2016)
  • Wataru Tooyama, Shouren Huang, Kenichi Murakami, Yuji Yamakawa and Masatoshi Ishikawa: Development of an Assistive System for Position Control of a Human Hand with High Speed and High Accuracy, 2016 IEEE-RAS 16th International Conference on Humanoid Robots (Humanoids) (Cancun, Mexico, 2016.11.16)/Proceedings, pp.230-235.

国内学会発表

  • 村上健一,並木明夫:高速ビジョンを用いた変形するスクリーンへの投影画像制御,ロボティクス・メカトロニクス講演会2009(福岡,2009.5.25)/講演会論文集,1P1-F17[千葉大]
  • 村上健一,妹尾拓,石川正俊:反転動作を用いた高速キャッチング,第10回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2009),pp.1363-1364
  • 村上健一,妹尾拓,石川正俊:多関節アームによる反転動作に基づくキャッチング動作,第28回 日本ロボット学会学術講演会,1M2-5 (2010)
  • 村上健一,妹尾拓,石川正俊:逆再生動作を用いた高速キャッチングのための実時間軌道生成,ロボティクス・メカトロニクス講演会2011(岡山,2011.5.28)/講演会論文集,2P2-P03
  • 村上健一,妹尾拓,石川正俊:高速多指ハンドを用いた反転動作に基づくキャッチング動作,第12回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (京都,2011.12.24)/ 講演論文集,pp.1409-1411
  • 村上健一,妹尾拓,石川正俊:時間反転に基づく捕球戦略,第17回 ロボティクスシンポジア (萩,2012.3.15)/ 講演論文集,pp.580-585
  • 村上健一, 山川雄司, 妹尾拓, 石川正俊: ロボットハンドアームを用いた変化球のための回転操り動作分析, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門講演会2014 (富山, 2014.5.28) / 講演論文集, 3P1-P03
  • 村上健一, 山川雄司, 妹尾拓, 石川正俊: 高速キャッチのための多関節アームによる実時間軌道生成, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 (京都, 2015.5.18) / 講演論文集, 1P1-H08
  • 妹尾拓, 小池正憲, 村上健一, 石川正俊: Maxwellモデルに基づく反発防止特性を備えた衝撃吸収制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 (京都, 2015.5.18) / 講演会論文集, 1P2-I07, 2015.
  • 小池正憲, 村上健一, 妹尾拓, 石川正俊: 塑性変形制御に基づくビジュアルショックアブソーバ, 第33回日本ロボット学会学術講演会 (東京, 2015.9.3) / 講演論文集, 1A2-04.
  • 妹尾拓, 小池正憲, 村上健一, 石川正俊: 塑性変形モデルを用いたロボットアームのインピーダンス制御設計, 第16回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会, (名古屋, 2015.12.14)/講演会論文集, pp.158-160.
  • 妹尾拓, 小池正憲, 村上健一, 石川正俊: インピーダンス制御によるマニピュレータの可塑的挙動生成, 第21回 ロボティクスシンポジア (長崎, 2016.3.17) / 講演論文集, pp. 111-116, 2016.
  • 妹尾拓, 陣内岳, 村上健一, 石川正俊: 多関節ロボットアームの弾塑性変形制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 (横浜, 2016.6.10) / 講演会論文集, 2P1-04a6, 2016.
  • 妹尾拓, 小池正憲, 村上健一, 石川正俊: 受動的緩衝動作における直列表現ベースの塑性変形制御, 第34回日本ロボット学会学術講演会 (山形, 2016.9.9) / 講演論文集, 3E2-08.
  • 村上健一, 堀内悠生, 中西慶亘, 妹尾拓, 石川正俊: 指上での転がりを利用した高速ハンドアームによる投球方向制御, 第17回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (札幌, 2016.12.17) / 講演会論文集, pp. 3086-3088.
  • 遠山渉, 黄守仁, 村上健一, 山川雄司, 石川正俊: 高速ビジョンを用いた人間の手先位置の高精度制御, 第17回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (札幌, 2016.12.17) / 講演会論文集, pp.2654-2657.
  • 村上健一,堀内悠生,中西慶亘,妹尾拓,石川正俊:ボールリリース解析に基づくロボット投球制御,第22回ロボティクスシンポジア (安中,2017.3.16) / 講演論文集, pp. 221-226, 2017.
 
東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川渡辺研究室
Ishikawa Watanabe Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Watanabe Laboratory. All rights reserved.
logo