masterhead masterhead  masterhead

微生物トラッキングシステム

概要

運動する微生物をそのまま顕微鏡で観察しようとすると, すぐに顕微鏡の視野から外れてしまい, 継続的に観測することができないという問題がある. そこで, 運動する微生物対象が常に顕微鏡視野内に捕捉され続けるようにする微生物トラッキングシステムを構築した.

本システムでは, 顕微鏡視野内の微生物対象位置を高速な視覚システムで計測・フィードバックすることで, 運動する微生物対象の顕微鏡視野内へのトラッキングを実現している.

また, このシステムでは2次元のトラッキングであるが, 3次元のトラッキングも実現されている.

Photographs of a paramecium, and its trajectory obtained by the
 tracking system.

動画




参考文献

  1. Hiromasa Oku, Naoko Ogawa, Koichi Hashimoto, and Masatoshi Ishikawa : Two-dimensional tracking of a motile microorganism allowing high-resolution observation with various imaging techniques, Review of Scientific Instruments, Vol.76, No.3, 034301 (2005) [PDF (1.0M)] [Video (WMV, 2.2M)] *AIP
  2. 奥寛雅,石井抱,石川正俊:ダイナミックイメージコントロールシステム, 電子情報通信学会誌D-II, Vol.J84-D-II, No.6, pp.994-1002 (2001.6)(英語訳 Hiromasa Oku, Idaku Ishii, and Masatoshi Ishikawa : A Dynamic Image Control System, Systems and Computers in Japan, Vol., No.13, pp.71-79 (2004)
  3. Hiromasa OKU, Idaku ISHII, and Masatoshi ISHIKAWA : Tracking a Protozoon Using High-Speed Visual Feedback, Proc. of 1st Annual Int. IEEE-EMBS Special Topic Conf, on Microtechnologies in Medicine & Biology(Lyon, 2000.10.12-14)/pp.156-159

*AIP © 2005 American Institute of Physics. This article may be downloaded for personal use only. Any other use requires prior permission of the author and the American Institute of Physics. The following article appeared in Review of Scientific Instruments and may be found at http://scitation.aip.org/getabs/servlet/GetabsServlet?prog=normal&id=RSINAK000076000003034301000001&idtype=cvips&gifs=Yes.


東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川渡辺研究室
Ishikawa Watanabe Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Watanabe Laboratory. All rights reserved.
logo