masterhead masterhead  masterhead

新聞雑誌テレビWeb - センサフュージョン -

新聞

  • 「アーム先端 微調整 東大がシステム 加工対象撮影、ロボ自ら修正」, 日刊工業新聞, 平成29年2月24日
  • 「ロボが手貸します 人の動きに協調し作業 カメラで捉え常に位置制御」, 日経産業新聞, 平成29年1月25日
  • 「東大の産業ロボ 教えなくても覚えます 高速画像処理を活用 ライン組み替え容易に」, 日本経済新聞, 平成28年10月21日
  • 「主張/ロボットベンチャー育成 東京大学教授 石川正俊 長い目で見た日本式支援を」, 日刊工業新聞, 平成28年1月18日
  • 「「ぶんぶんごま」回すロボ開発 東大 高精度に制御」, 日刊工業新聞, 平成27年12月18日
  • 「ロボットぶれ0.01mm修正 東大ティーチング効率化」, 日刊工業新聞, 平成27年12月1日
  • 「駆けるロボ 東大大学院教授ら開発」, 朝日新聞, 平成26年9月2日
  • 「前傾姿勢で走る 高速二足ロボ 東大が開発」, 日本経済新聞, 平成26年9月2日
  • 「高速走行の二足ロボ 東大が開発 空中で姿勢立て直す」, 日刊工業新聞, 平成26年9月2日
  • 「勝率100% 東大、じゃんけんロボ 「先出し」手の動きで“予測”」, 日刊工業新聞, 平成25年11月1日
  • 「部品はめこみ、1秒以下で 位置把握に高速カメラ 東大がロボハンド」, 日経産業新聞, 平成25年8月1日
  • 「全勝! 後出し ジャンケンロボ」, 東京新聞, 平成24年11月15日
  • 「無敵の「じゃんけんロボット」を東京大学情報理工学系研究科の石川正俊教授らが開発した・・・」, 西日本新聞, 平成24年10月30日
  • 「じゃんけん必勝ロボ 1000分の1秒後出し画像分析の力 東大教授の動画337万アクセス」,朝日新聞(夕刊),平成24年10月6日
  • 「‘Cheating’robot poses tech and ethical issues」,The Japan Times,平成24年9月16日
  • 「何の役にも立たない!? じゃんけんロボ真の目的 東大開発勝率100%!!」, 夕刊フジ, 平成24年8月26日 (平成24年8月25日発行)
  • 「東大最前線 じゃんけんロボ 30年も磨いた独自の画像処理」, 東京大学新聞, 平成24年7月31日
  • 「無敵のじゃんけんロボ 東大、特殊カメラで判別」, 日本経済新聞, 平成24年7月17日
  • 「「人間ニハ負ケナイ」 東大が開発じゃんけんロボ 100倍の速さで「後出し」」, 日刊工業新聞, 平成24年7月2日
  • 「ロボ、柔らか素材対応 東大 高速で形の変化認識」, 日刊工業新聞, 平成23年4月29日
  • 「Japan to up U.S. teacher exchanges 'Joy of making' gets dazzling results Robotics expert uses ultrafast cameras to make tomorrow's wonder devices」, THE DAILY YOMIURI, 平成23年1月11日
  • 「ロボット 姿多彩に 進化する要素技術」, 日刊工業新聞, 平成23年1月1日
  • 「夢の扉」(TBS=後6:30), 読売新聞, 平成22年9月5日
  • 「TBS「夢の扉」放送300回達成 「ドリームメーカー」に焦点」, 毎日新聞, 平成22年9月2日夕刊
  • 「「夢の扉」が放送300回」, 朝日新聞, 平成22年9月2日夕刊
  • 「1/1000秒認識ロボット 開発者紹介 5日、TBS系「夢の扉」300回」, 読売新聞, 平成22年9月1日夕刊
  • 「SORSTシンポジウム ロボット新世代 感覚運動総合理論に基づく「手と脳」の工学的実現」, 日刊工業新聞, 平成22年4月8日
  • 「ロボットの高速化を JST、東大とシンポ」, 日刊工業新聞, 平成22年3月11日
  • 「飛ぶハエキャッチ 夢じゃない!? 「高速ロボ」東大が開発」, 朝日新聞, 平成21年12月26日
  • 「打つ・蹴る・跳ぶ ロボット新時代 東京大学 打率は10割、名バッター 先攻だったら1回裏は一生こない」, 朝日小学生新聞, 平成21年12月9日
  • 「ユニーク技術に注目集まる 国際ロボット展 「力持ちスーツ」「究極の打者」」, 毎日新聞, 平成21年11月26日
  • 「多指ロボットハンド 片手で素早くひも結ぶ 東大・千葉大などが開発」, 日刊工業新聞, 平成21年9月14日
  • 「日米ファン、イチロー祝福 9年連続200安打 卓越した対応力・平常心専門家も称賛の声」, 日本経済新聞, 平成21年9月14日
  • 「東大 ピンセット操る 米粒確認つかむ」, 日刊工業新聞, 平成21年8月27日
  • 「投げて打つロボット 東大教授ら実験を公開」, 朝日新聞, 平成21年8月4日
  • 「投打しなやか 野球ロボ 世界初、東大が開発」, 東京新聞, 平成21年7月24日
  • 「ボールを投げ打ち返す 東大2台のロボットで実現」, 日刊工業新聞, 平成21年7月24日
  • 「ロボが投げ、ロボが打つ 球速40キロ、東大が開発」, 日本経済新聞, 平成21年7月24日
  • 「夢の対決 投手ロボVS.打者ロボ」, 産経新聞, 平成21年7月24日
  • 「野球ロボ登場 東大 精密9割ストライク 球が止まって見える」, 毎日新聞, 平成21年7月24日
  • 「勝つのはどっち? 野球ロボ」, 読売新聞, 平成21年7月24日
  • 「高速センサーの能力を実証」, 東京大学新聞, 平成19年7月10日.「訂正」, 東京大学新聞, 平成19年7月17日
  • 「指先器用に「ペン回し」東大など、ロボットハンド開発 0.4秒で往復、人間より速く」, 日本経済新聞, 平成18年9月25日
  • 「剛速球300キロキャッチ 東大、ロボットハンド」, 日本経済新聞, 平成17年7月25日
  • 「人まね、人超え 進め!ロボット 踊り、茶道、打率10割、生卵キャッチ・・・手本見まねでひも結び」, 朝日新聞 (夕刊), 平成17年2月19日
  • 「科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 CREST研究成果から 【54】さらに高自由度アーム目指す 野茂のフォークも打てる? わが国の基礎研究を支えるプロジェクト」, 科学新聞, 平成16年2月27日
  • 「光る研究室 東京大学・石川研究室㊦ 人間を越える「打率10割」 バッティングロボット」, 日本工業新聞, 平成16年1月23日
  • 「光る研究室 東京大学・石川研究室㊤ 高速の画像処理で球を打つ バッティングロボット」, 日本工業新聞, 平成16年1月22日
  • 「松坂KOだ ロボット打者 生みの親 東大教授V宣言150キロ大したことない!!完璧に打てる」, 東京スポーツ新聞, 平成16年1月7日
  • 「イチロー越えたゾ ロボット打者 300キロ速球も変化球も 野球「鉄腕リーグ」 夢じゃない サッカー「ロボ杯」」, 東京新聞, 平成16年1月5日
  • 「動き認識 高性能カメラ 肉眼30倍、生産設備に応用」, 日経産業新聞, 平成16年1月1日
  • 「目指せイチロー 東大が変化球も打つロボット」, 日本工業新聞, 平成15年12月18日
  • 「速球300キロ!当てる バッティングロボ カメラ2台使用 東大が開発」, 日経産業新聞, 平成15年12月18日
  • 「打率10割 ロボ打者 東大教授ら開発」, 日本経済新聞, 平成15年12月18日
  • 「驚異の「10割打者」 どんな球でも・・・当てるだけですが 東大大学院「バッティング・ロボット」開発」, 産経新聞, 平成15年12月18日
  • 「バッティングロボットシステム 変化球も打ち返す 東大が開発」, 日刊工業新聞, 平成15年12月18日
  • 「打率10割ロボ」, 朝日新聞, 平成15年12月18日
  • 「「最強の打者」完成 300キロ速球も狙い打ち」, 読売新聞, 平成15年12月18日
  • 「超高速ロボットハンドを開発 目にもとまらぬ速さ 見事キャッチ」, 東京新聞, 平成14年11月19日
  • 「落ちるボールキャッチ! 東大超高速ロボットハンド開発」, 読売新聞, 平成14年10月22日
  • 「JSTが超高速ロボットハンド」, 日本工業新聞, 平成14年10月9日
  • 「0.01秒の超高速動作」, 日刊工業新聞, 平成14年10月9日
  • 「指でボールつかむ 東大、超高速ロボットハンド開発」, 日経産業新聞, 平成14年10月9日
  • 「ロボット "豪速球"ナイスキャッチ」, 産経新聞, 平成14年10月9日
  • 「高速対応ハンド 「超人ロボット」を公開」, 毎日新聞, 平成14年10月9日
  • 「落球見事キャッチ, 早業ロボット開発」, 朝日新聞, 平成14年10月9日
  • 「ロボットのいる風景」, 東京大学新聞, 平成14年6月11日号
  • 「野茂のフォークもキャッチ、画像情報を高速処理、東大グループロボット開発」, 日経産業新聞, 平成10年8月20日
  • 「Robot Manipulator Grips Like a Hand」, Advanced Manufacturing Technology, Vol.18, No.9 / Sep. 15, 1997
  • 「東大, 新型ロボットシステム開発」, 日本工業新聞, 平成9年1月9日
  • 「光で変わるコンピュータの世界(下) 五感持つロボット目指して」, 東京新聞/中日新聞, 平成8年8月20日
  • 「映像でロボット制御」, 日本工業新聞, 平成8年1月9日
  • 「人間の感覚情報処理系 工学的実現を目指す」, 科学新聞, 平成5年1月1日
  • 「関心高まる統合技術 センサフュージョン」, 日刊工業新聞, 平成3年8月12日
  • 「Sensor Fusion I: Getting it all together」, Japan Times, 1989.11.15
  • 「人間と同じに触れて感じる触覚センサー」, 読売新聞, 昭和63年3月7日夕刊
  • 「触覚センサー, 製科研インテリジェント化に成功」, 日本工業新聞, 昭和63年1月19日
  • 「専用LSIで形判断」, 日経産業新聞, 昭和63年1月18日
  • 「横浜ゴム, 触覚画像システム実用化」, 日本工業新聞, 昭和62年11月20日
  • 「横浜ゴム, 触覚画像システムを実用化」, 日刊工業新聞, 昭和62年11月19日
  • 「触覚画像システム, 横浜ゴムが東大に納入」, 日経産業新聞, 昭和62年11月19日
  • 「神戸製鋼所, 32ビット並列処理マイクロプロセッサー搭載のマルチバスCPUボード開発」, 電波新聞, 昭和62年11月13日
  • 「情報処理速度10倍, 神鋼FA用マイコンボード」, 日経産業新聞, 昭和62年10月30日
  • 「触覚センサーを画像処理」, 化工日, 昭和61年10月17日
  • 「パソコン触覚センサー画像システム, 横浜ゴムが実用化」, 日本工業新聞, 昭和61年10月17日
  • 「パソコンで力の分布表示, 横浜ゴムが画像システム」, 日本経済新聞, 昭和61年10月17日
  • 「パソコンで画像処理, 横浜ゴムが触覚センサーシステムを開発」, 日刊工業新聞, 昭和61年10月17日
  • 「横浜ゴム, 武器は感圧導電ゴム」, 日経産業新聞, 昭和61年10月17日
  • 「皮膚より敏感 ゙機械の手゙」, 読売新聞, 昭和61年5月2日(夕刊)
  • 「工技院、知能触覚センサーを開発」, 日本経済新聞, 昭和61年4月22日
  • 「センサーに情報分析機能-高速処理を可能に-」, 日刊工業新聞, 昭和61年3月5日
  • 「触覚センサー用LSI」, 日本工業新聞, 昭和61年2月21日
  • 「触圧を即時に判断する重心センサー」, 毎日新聞, 昭和59年8月27日
  • 「センサーここまで進化 触覚, 柔らかく自由に動く, 暗やみで全体像わかる」, 日本経済新聞, 昭和58年12月28日(夕刊)
  • 「進化するロボット<感じる>布の端を探し出し大きさ判別」, 日経産業新聞, 昭和58年8月10日
  • 「平面の端を自動追跡」, 日経産業新聞, 昭和58年3月23日
  • 「三次元計測システム開発」, 日本経済新聞, 昭和58年3月21日
  • 「三次元計測システム効率化」, 日経産業新聞, 昭和58年3月8日
  • 「触覚センサー開発」, 日経産業新聞, 昭和57年5月13日
  • 「体の動きを三次元で計測」, 日経産業新聞, 昭和55年3月28日

雑誌

  • 「産業用ロボに高速カメラ 粗い動作教示でも高精度に 1000フレーム/秒でロボットを速く賢く」, 日経エレクトロニクス, 2016年3月号, pp.22-23 (2016)
  • 「教えてマナビー先生! 世界の先端技術 じゃんけんロボット だれと「じゃんけん」をしても絶対に負けないロボットが出現」, サクセス15, 2015 12月号, p.33 (2015)
  • 「今堀崇弘: 高速ビジョンと高速アクチュエータがもたらすハイパフォーマンスロボット―産業用ロボットを変革するDynamic Compensation(動的補償) (取材協力 石川正俊)」, 機械設計, Vol.59, No.12, pp.22-26 (2015)
  • 「21世紀ひみつ道具のたまご じゃんけんロボット 何回対戦しても、絶対に負けない強さ」, ドラえもんもっと!ふしぎのサイエンス, Vol.6, pp.48-49 (2015)
  • 「機械の限界を極めて めざせ日本の産業復興」, AERA, Vol.28, No.4 (2015年1月26日号), pp.42-43 (2015)
  • 「高速ビジョンで新産業生む、新プロジェクトが始動へ 人間の目を越えた撮像素子をロボットの目に」, 日経エレクトロニクス, 第1152号(2015年2月号), pp.18-19 (2015)
  • 「不安定さが速さ生み出す、東大が駆けるロボット開発 ビジュアルフィードバックで高速制御」, 日経エレクトロニクス, 第1144号(2014年9月29日号), pp.14-15 (2014)
  • 「2014年ドラえもんのひみつ道具 ここまで近づいた! じゃんけん練習機」, 週刊朝日, Vol.119, No.2, pp.24-25 (2014)
  • 「가위바위보, 무조건 이긴다!」, 이달의 과학 뉴스 OK.indd, p.32 (2013)
  • 「日本最先端のアタマの中身 AKBじゃんけん選抜1位並みの運の強さ!? 100%の勝率のじゃんけんロボット」, ケトル, Vol.09, p.135 (2012)
  • 「必ず勝つじゃんけんロボ 驚愕!じゃんけんにゼッタイ勝つロボットつくった東大の研究室にその秘密を聞いてみた」, FRIDAY, Vol.29, No.36, p.78 (2012)
  • 「機械や装置の問題でなく戦略の問題 どこで作り、どこに置くか」, 生産財マーケティング, V0l.48, No.2, pp.A24-A25 (2011)
  • 「TBS系「夢の扉 ~ NEXT DOOR ~」コラボ企画 未来の原石たち 石川正俊さん」, 週刊朝日, Vol.115, No.42, pp.106-107 (2010)
  • 「ブレークスルーなロボットたち 超早技で紐結びを行うロボットアーム」, ロボコンマガジン, No.69, pp.48-49 (2010)
  • 「WBC、W杯…ロボット参戦でヒト完敗!? 打率10割「目」が正確にボールをとらえる」, 朝日中学生ウイークリー, 平成22年1月24日
  • 「1/1000秒単位で画像処理 位置検出精度高めて野球ロボット実現」, EETIMES Japan, No.52, p.10 (2009)
  • 「テクノロジー最前線 ロボット同士で“野球”ができる!?」, 教育家庭新聞, 平成21年10月10日
  • 「「ロボットが投げたボールをロボットが打つ」システムの開発 ロボットが人間を超える!」, JST News, Vol.6, No.7, pp.10-11 (2007)
  • 「ペン回しが競技に!? 企業や大学も注目、ところで何かの役に立つの?」, R25, No.155, p.19 (2007)
  • 「ロボット博士に突撃インタビュー 自分で新しい世界を探そう」, クレファス ジャーナル, Vol.7 (2007)
  • 「並木明夫, 小室孝: Message19 石川正俊」, ロボット研究者からのメッセージ (日本ロボット学会監修, オーム社編), pp.119-125 オーム社 (2007.7)
  • 「ロボットが作る未来 Vol.13 高速バッティングロボット 東京大学大学院情報理工学系研究科石川並木小室研究室 文/浅野純也」, 週刊アスキー, No.589, pp.92-95(2006)
  • 「応用「高性能な目」でさらに広がる可能性」, NHKサイエンスZERO, p.39 (2005)
  • 「人間の優れた「手と脳」の基本的機能を工学的に高速で実現する」, 文教ニュース, 平成16年11月22日
  • 「今週のロボット 高速ボールをキャッチしたり人間の声をまねるロボット登場」, 週刊アスキー, Vol.16, No.512, p.13 (2004)
  • 「打率10割の超天才バッター登場」, JST News, Vol.1, No.1, pp.12-13 (2004)
  • 「CHECK IT OUT! バットで打ったボールをバットで打ち返すことだってできちゃう!? どっちの松井も敵じゃないロボット!」, 月刊アスキー, p.60, 2004年4月号
  • 「東大石川研究室の挑戦 世界最高速のロボットを開発」, 蛍雪時代2月号, pp.12-15, 平成16年2月
  • 「人間の目には見えないロボットが誕生する?」, 石田雅彦, 「ロボット・テクノロジーよ日本を救え」, (株)ポプラ社, pp.205-212
  • 「High speed vision sensor and quick robotic hand enable a robot to catch a ball」, Yoshihiro Kusuda, Industrial Robot : An International Journal, Vol.30, No.4, pp.319- 321 (2003)
  • 「超高速ロボットハンドを開発」, JST基礎研究最前線, Vol.1 pp.10-11 (2003)
  • 「落下するボールをつかむ超高速ロボットハンドを開発」, S&T TODAY, Vol.14, No.12, 表紙(同英文誌も)
  • 「1秒間に1000枚!超高速の画像処理技術「ビジョンチップ」に秘められた未来をつくる力」, Nature Interface, Dec.12 2002, No.12, pp.37-40
  • 「めざすは人間より性能の優れたロボット」, 早稲田塾ホームページ GOOD PROFESSOR
  • 「落下するボールをつかむことが可能な超高速ロボットハンドを開発 東大」, O plus E,Vo.2, No.11 (2002)
  • 「東大がロボットハンドを開発 落下するボールを指でつかむ」, 日経メカニカル, No.578, 平成14年11月号
  • 「ロボットの視覚が人間を超越したら!?」, DIME, 平成14年5月16日号
  • 「五感の工学的実現を目指したセンサフュージョン技術の構築」, 次世代研究探索プログラム(工学編)報告書インタビュー, 平成11年3月
  • 「夢のロボットで時空を超えるアールキューブの世界」, AERA, Vol.9, No.3, pp.42-44 (1996.1.22)
  • 「図書紹介 センサフュージョン」, 電子情報通信学会誌(木竜徹),Vol.76, No.10, p.1120 (1993)
  • 「聴覚と視覚兼ね備える, 東大新音声認識システム開発」, 日本工業新聞, 平成5年7月21日
  • 「センサフュージョン書評」, 計測と制御(寺野隆雄), Vol.32, No.7, p.613 (1993)
  • 「センサフュージョン書評」, 日本ロボット学会誌(三浦純), Vol.11, No.4, p.529 (1993)
  • 「センサ技術もアーキテクチャの時代」, エレクトロニクス, 巻頭インタビュー, Vol.37, No.9, pp.1-3 (1992)
  • 「高度な認識・判断機能を実現する“センサフュージョン”システム」, M&E, 巻頭インタビュー, Vol.19, No.7, pp.24-25 (1992)
  • 「ピープル21, 「触覚」で新分野」, テクノマート, 昭和63年8月号 (No.28)
  • 「麻雀の盲牌もできる知能をもった "触覚センサー"」, アレック, 昭和63年7月号(創刊号)
  • 「Industrial Products Research Institute has developed an intelligent tactile sensor」, Techgram JAPAN, 1988.5
  • 「工技院製品科学研, インテリジェント触覚センサを開発」, テックグラム・ジャパン, 昭和63年5月号
  • 「インテリジェント触覚センサを開発」, センサ技術, 昭和63年4月号
  • 「高感度感圧導電ゴムをセンサに使用した触覚画像システムの実用化に成功」, ポリマーダイジェスト, 昭和62年12月号
  • 「センサの信号処理とAIを結合」, 特集'87年機械技術展望 -計測-, 日経メカニカル, 1986.12.29日号
  • 「高感度感圧導電ゴムを応用した触覚画像システム」, ポリマーダイジェスト, 昭和61年11月
  • 「世界初パソコン利用, 横浜ゴム触覚センサー画像化システム」, 日刊自動車, 昭和61年10月23日
  • 「Industrial Products Research Institute has developed a dedicated LSI for processing signals from a tactile sensor.」, Techgram Japan, 1986.6
  • 「工技院製品科研, 触覚センサ信号処理用LSIを開発」, テックグラム・ジャパン(日本語版), 昭和61年6月号
  • 「センサフィードバックの研究を」, 日経メカニカル, 1986.4.7日号
  • 「製品科学研究所, ビデオ信号出力をもつ圧力分布センサを開発」, ロボットニュース, 1985.11.4日号
  • 「触覚センサを知能化して縫製を自動化へ」, 日経メカニカル, 1985.1.14日号
  • 「触覚」, 木下源一郎, OMNI, 昭和59年11月号, 特別付録SCIENCE PEDIA
  • 「進化する知能ロボット 触覚アルゴリズムの解明が先決」, 日経メカニカル, 1984.8.27日号
  • 「映像技術特集 情報化社会の中核を担う 入力, 画像処理, 出力の3つの柱 ロボットなどの3次元計測システム」, 日経メカニカル, 1984.1.2日号
  • 「2次元触覚センサに感圧導電性ゴム利用」, 日経メカニカル, 1983.10.10日号
  • 「インテリジェントセンサ実現へ」, あすの科学技術, 昭和58年6月
  • 「マトリックス状知能センサ, 平面の端を自動的に検出」, センサ技術, 昭和58年5月号
  • 「感圧導電性ゴムを用いた...の論文紹介」, 日経メカニカル, 1982.9.13日号
  • 「製科研, 大きさ, 重心を判別する触覚センサ開発」, センサ技術, 昭和57年8月号
  • 「製科研, 導電性ゴムを使って重心位置を探る触覚センサ開発」, 日経メカニカル, 1981.7.6日号
  • 「感じる」, 月刊BIO, 1982年4月号

テレビ

  • テレビ東京、ワールドビジネスサテライト、「Dynamic Compensation Robot」、平成29年2月22日
  • VGTV (ノルウェー) 、Denne vinner alltid i «stein, saks, papir»、「ジャンケンロボット」、平成27年12月4日
  • MBC (韓国) Dream junior、글로벌 직업탐험대 드림주니어 (グローバル 職業探検隊 ドリームジュニア)、平成27年11月13日
  • テレビ東京、ワールドビジネスサテライト、「最強!じゃんけんロボ」、平成27年10月6日
  • NHKBSプレミアム、ザ・データマン ~スポーツの真実は数字にあり~、「バッティングロボット」、平成27年3月22日
  • TBS がっちりマンデー、「じゃんけんロボット、キャッチングロボット、バッティングロボット、ACHIRES」、平成27年2月22日
  • 韓国MBC ニュースDESK、「野球ロボット、ACHIRES」、平成26年11月23日
  • フジテレビ めざましテレビアクア、「ACHIRES」、平成26年11月20日
  • NHK ニュースウェブ、「じゃんけんロボット(デジタルコンテンツ EXPO 2014)」、平成26年10月27日
  • フジテレビ とくダネ!、「じゃんけんロボット 2nd version(デジタルコンテンツ EXPO 2014)」、平成26年10月24日
  • TOKYO MX TOKYO MX NEWS、「じゃんけんロボット 2nd version(デジタルコンテンツ EXPO 2014)」、平成26年10月23日
  • 日経CNBC Channel JAPAN #9、「ACHIRES」、平成26年10月21日
  • NHK、ニュース、「“走る2足ロボット”開発に成功」、平成26年9月7日
  • NHKBSプレミアム、まるごと知りたい!AtoZ、「バッティング・スローイングロボット、じゃんけんロボット、ドリブル、生卵キャッチ、携帯キャッチ、BFS-Auto」、平成26年6月28日
  • NHK、首都圏ネットワーク、「じゃんけんロボット 2nd version (人とくるまのテクノロジー展)」、平成26年5月21日
  • 九州朝日放送、ロボロボ王国 2014、「じゃんけんロボット 2nd version、生卵キャッチ、高速ドリブル、1ms Auto Pan/Tilt」、平成26年2月8日
  • フジテレビ、スーパーニュース、「じゃんけんロボット 2nd version、バッティング、1ms Auto Pan/Tilt」、平成26年1月10日
  • MBC (韓国)、ニュース、「じゃんけんロボット 2nd ver. (国際ロボット展)」, 平成25年11月16日
  • NHK Eテレ、大!天才てれびくん、「1ms Auto Pan/Tilt」、平成25年11月12日
  • TBS、朝ズバッ!、「じゃんけんロボット 2nd ver. (国際ロボット展)」, 平成25年11月11日
  • TBS、はなまるマーケット、「じゃんけんロボット 2nd Ver.(国際ロボット展)」, 平成25年11月6日
  • テレビ東京、モーニングサテライト、「じゃんけんロボット 2nd Ver.(国際ロボット展)」, 平成25年11月6日
  • フジテレビ、めざましテレビ、「じゃんけんロボット 2nd Ver.」, 平成25年11月1日
  • TBS TBSニュースバード みのもんたの朝ズバッ!、「高速情報環境」, 平成25年5月26日
  • NHK BS-1、BEGIN Japanology、「ペン回し」, 平成25年4月30日
  • NHK WORLD、BEGIN Japanology、「ペン回し」, 平成25年4月25日ペン回し
  • テレビ東京、ワールドビジネスサテライト、「高速ブックスキャン」, 平成24年11月26日
  • NHK Eテレ、大!天才てれびくん、「ジャンケンロボット、ドリブル」, 平成24年10月10日
  • NHK総合、特ダネ投稿DO画 、「ジャンケンロボット、バッティングロボット、ドリブル」, 平成24年8月22日
  • NHK総合、堂本光一のNEWS LABO、「ジャンケンロボット、高速ドリブル、携帯キャッチ」, 平成24年8月17日
  • NHK World TV、 Asia Biz Forecast、「ジャンケンロボット、スローイング・バッティングロボット、高速ブックスキャン」, 平成24年7月25日
  • TBSニュースバード、ニュースの視点、「バッティングロボット、生卵キャッチ、ペン回し、ジャンケンロボット」, 平成24年7月25日
  • テレビ朝日、トリハダ、「ジャンケンロボット、サッカードミラー、scoreLight」, 平成24年7月10日
  • フジテレビ、Mr.サンデー、「じゃんけんロボット、携帯キャッチ」, 平成24年7月10日
  • TBSテレビ、みのもんたの朝ズバッ!、「じゃんけんロボット、バッティング、生卵キャッチ」, 平成23年5月3日
  • テレビ朝日、奇跡の地球物語、「じゃんけんロボット、バッティング、自動車、キャッチング」, 平成22年7月4日
  • テレビ東京、所さんのそこのところ、「ドリブルロボット、キャッチングロボット」, 平成23年9月30日
  • 朝日ニューススター、科学朝日、「高速画像処理、バッティングロボット、空中指入力、マイクロビジュアルフィードバック、高速ブックスキャン、Khronos Projector、Volume Slicing Display」, 平成23年9月22日
  • テレビ朝日、モーニングバード、「ジャンケンロボット、バッティングロボット、高速電子スキャン」, 平成23年5月16日
  • TBSテレビ、教科書に載せたい 、「ジャンケンロボット、バッティングロボット、高速電子スキャン、クロノスプロジェクタ」, 平成23年5月3日
  • 日本テレビ、世界一受けたい授業、「スローイング+バッティングロボット、Volume Slicing Display、高速ブックスキャン」, 平成22年10月9日
  • BSJapan、世の中進歩堂、「空中タイピング、高速ブックスキャン、Volume Slicing Display、Khronos Projector、微生物トラッキング、ダイナモフルレンズ」, 平成22年9月18日
  • テレビ朝日、スーパーモーニング、「バッティングロボット、高速ブックスキャン」, 平成22年9月9日
  • TBSテレビ、夢の扉、「ジャンケンロボット、バッティングロボット、微生物トラッキング顕微鏡、Khronos Projector、高速ブックスキャン、自動車応用」, 平成22年9月5日
  • テレビ東京、世界を変える100人の日本人、「高速ブックスキャン、バッティングロボット、高速ドリブルロボット、空中キャッチ」, 平成22年8月6日
  • NHK総合、Bizスポ、「高速ブックスキャン、バッティングロボット」, 平成22年7月22日
  • NHK国際、NEWSLINE、「高速ブックスキャン、バッティングロボット」, 平成22年7月21日
  • TV-GLOBOブラジル、「高速ビジョン」, 平成22年11月4日
  • テレビ朝日、奇跡の地球物語、「スローイング+バッティングロボット」, 平成22年7月4日
  • テレビ朝日、さきっちょ、「高速ブックスキャン、スローイングバッティング」, 平成22年6月15日
  • フジテレビ、話題のシーンを再現ミラクル実験SHOW、「バッティング+空中キャッチ」, 平成22年5月23日
  • 九州朝日放送、ロボロボ王国日本、「スローイング+バッティングロボット」, 平成22年2月13日
  • BC日テレ、世界が驚いた★ロボチャレンジ アトムだって夢じゃない、「スローイング+バッティングロボット」, 平成22年1月2日
  • 日本テレビ、ズームインスーパー、「国際ロボット展」, 平成21年11月25日
  • テレビ朝日、やじうまプラス、「国際ロボット展」, 平成21年11月25日
  • テレビ朝日、スーパーJチャンネル、「国際ロボット展」, 平成21年11月24日
  • テレビ朝日、ワイド!スクランブル、「国際ロボット展」, 平成21年11月24日
  • 関西テレビ、スーパーニュースアンカー、「スローイング+バッティングロボット」, 平成21年10月6日
  • CS日テレ、新おとな総研、「バッティングロボット、高速ブックスキャン」, 平成21年9月19日
  • テレビ東京、ワールドビジネスサテライト(トレンドたまご)、「スローイング+バッティングロボット」, 平成21年7月31日
  • テレビ朝日、やじうまプラス、「スローイング+バッティングロボット」, 平成21年7月24日
  • フジテレビ、スピーク、「スローイング+バッティングロボット」, 平成21年7月24日
  • フジテレビ、スパイスTV、「スローイング+バッティングロボット」, 平成21年7月24日
  • フジテレビ、とくダネ!、「スローイング+バッティングロボット」, 平成21年7月24日
  • フジテレビ、めざましテレビ、「スローイング+バッティングロボット」, 平成21年7月24日
  • 日本テレビ、世界一受けたい授業、「バッティング、ドリブルロボット」, 平成20年6月7日
  • 東海テレビ、「ペン回しロボット」, 平成20年5月25日
  • CS日テレ、NEWS24 Daily Planet、「高速ビジョンとその応用」, 平成20年4月25日
  • テレビ東京、所さんのホントのところ、「高速ビジョンとその応用」, 平成20年1月11日
  • 日本テレビ、世界一受けたい授業、「高速ビジョンとその応用」, 平成19年11月3日
  • NHK総合、熱中時間、「ペン回しロボット」(総合テレビでの再放送), 平成19年9月26日
  • NHK BS、熱中時間、「ペン回しロボット」, 平成19年5月13日
  • 日本テレビ、世界一受けたい授業、「高速ビジョンとその応用」, 平成18年11月26日
  • NHK BS、What's on Japan、「バッティング、ペン回しロボット」, 平成18年10月14日
  • テレビ東京、ワールドビジネスサテライト、「高速キャッチングロボット」, 平成17年11月28日
  • Discovery Channel、「バッティングロボット」, 平成1年7月22日
  • 韓国SBS、ロボット特集番組、「高速ハンドアームシステム」, 平成16年11月7日
  • 日本テレビ、摩訶ジョーシキの穴、「バッティングロボット」, 平成16年7月22日
  • 韓国MBC、ロボット特集番組、「バッティングロボット」, 平成16年7月1日
  • テレビ朝日、野球その素晴らしき世界、「バッティングロボット」, 平成16年6月25日
  • 日本テレビ、ニュース、「バッティングロボット」, 平成16年5月
  • NHK総合、ふれあいロボット広場、「バッティングロボット」, 平成16年5月2日
  • NHK教育、サイエンスゼロ、「バッティングロボット」, 平成16年4月24日
  • KBC(福岡)テレビ、最新ロボット大集合、「バッティングロボット」, 平成16年2月11日
  • フジテレビ、めざましテレビ、「バッティングロボット」, 平成15年12月19日
  • TBSテレビ、ニュース等、「バッティングロボット」, 平成15年12月17日
  • 日本テレビ、ニュース等、「バッティングロボット」, 平成15年12月17日
  • NHK総合、ニュース等、「バッティングロボット」, 平成15年12月17日
  • テレビ東京、ガイアの夜明け、「高速ロボット」, 平成15年12月16日
  • NHK総合、アトム特集、「高速アーム」, 平成15年5月2日
  • 日本テレビ、所さんの目がテン、「高速アーム」, 平成15年4月6日
  • TBSテレビ、ニュース等、「高速ハンド」, 平成14年10月11日、14日
  • 日本テレビ、ニュース等、「高速ハンド」, 平成14年10月8日
  • フジテレビ、ニュース等、「高速ハンド」, 平成14年10月8日、9日
  • NHK総合、おはよう日本、「1msセンサフュージョンシステム」, 平成10年9月9日

Web(リンク)

   ロボット一般    ロボット学会 日本のロボット研究開発の歩み    紙風船キャッチロボット    高速二足走行ロボット 不整地走行    高速二足走行ロボット 2nd version    ビジョンチップによるロボット制御    人間ロボット協調    Dynamic Compensation    Button Spinner    じゃんけんロボット 3rd version    野球ロボット    高速二足走行ロボット    高速二足走行ロボットを紹介しているビデオ
  • 日本経済新聞 「前のめりで猛ダッシュする二足ロボット、東大が開発 動画」(2014.9)
  • 朝日新聞 「二足ロボ走る、ヒトのように 東大大学院が前傾姿勢再現」(2014.9)
  • 毎日新聞 「ロボット:高速で二足走行…「世界最高レベルの速度」開発」 (2014.9)
  バッティング・スローイングロボット   じゃんけんロボット 2nd version   じゃんけんロボット2nd version を紹介しているビデオ   じゃんけんロボット 1st version   じゃんけんロボット 1st version を紹介しているビデオ   高速ロボットハンド

東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川妹尾研究室
Ishikawa Senoo Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Senoo Laboratory. All rights reserved.
logo