masterhead masterhead  masterhead

メタ倫理学


概要

Dimensional Metaethicsは,あるシステムについて「何が良いことか」を, 多くの違う社会的な評価軸に関連付けて評価する行為のことである.この行為では最初に, システムのデザイナー達がシステムのデザインや役割に関係すると彼らが考える, 違った評価軸を記述することを推進する.この次に, デザイナーはこれらの評価軸に沿った評価値について彼らが置いている仮定をリストする. 最後に,デザイナーは,これらの仮定を変更し, その結果として倫理的な許容度がどのように変化するのかを推測,もしくは計測することを要求される.

参考文献

  1. Reynolds Carson and Wren, C. : Worse Is Better for Ambient Sensing, Workshop on Privacy, Trust and Identity Issues for Ambient Intelligence, In conjunction with the 4th International Conference on Pervasive Computing (Dublin, 2006.5.7-10) [PDF]
  2. Reynolds Carson and Picard, R. : Evaluation of Affective Computing Systems from a Dimensional Metaethical Position, 1st Augmented Cognition International Conference, In conjunction with the 11th International Conference on Human-Computer Interaction (Las Vegas, 2005.7.22-27) [PDF]
  3. Reynolds Carson : Adversarial Uses of Affective Computing and Ethical Implications, Massachusetts Institute of Technology, Ph.D.Thesis (2005.9) [PDF]

東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川妹尾研究室
Ishikawa Senoo Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Senoo Laboratory. All rights reserved.
logo