masterhead masterhead  masterhead

ハプティカー:ハプティックレーダーの自動車への応用

概要

この研究は ハプティックレーダー プロジェクトを拡張及び補完した研究といえる。 ハプティックレーダーの研究目標は、見えない障害物に対する個人の空間知を、 体の外側に向けて拡張された敏感な「光の触角」で、拡げることにあり、 目で見えない領域に対しても視覚が拡張されることにあった。 本ハプティカーシステムの実験装置は、センサーを表面に載せた車と、 体にアクチュエイターを付けた運転手から成る。 この方法で、運転手は車の周りにあるものを感じることが出来る。 たとえば、車からの死角に潜む障害物の存在を、 頭の後ろ側にあるアクチュエイターからの不快な刺激によって感知することが可能となる。

右の図はハプティカーのインタラクションモデルであり、 新しいセンサー・モーターループを表す。 車の表面の距離センサーは障害物を検知することに用いられ、 その情報は、必要なときには自動的にハンドルを切ることに役立つ(右の図における下側の経路)。 また、距離情報によって運転手の頭の周囲に配置された小さなモーター振動子が動き出し、 運転手が車内にいるときのみならず、遠隔操作する際にも車にいる感覚で操作することを可能とする。 (右の図における上側の経路)

haptikar

我々はこのコンセプトの下、2009年にラジコンカーの制作及び展示を行った。 運転手はミニチュアカーの周囲の様子を、 ウェアラブルのヘッドセットに付けられたモーター振動子を通じて、 コンピューターの制御画面の前にいる限り、空間知の拡張として"感じる"ことが可能である。 また、車には小さなカメラが実装されており、 運転手の正面のコンピューターでライブビデオストリーミングを見ることが出来る。 こうした機器構成は、本物の運転環境をハプティカーによって模倣しているといえる。 (視触覚情報の一体化の実現)


動画



参考文献

  1. A. Cassinelli, Alexis Zerroug and M. Ishikawa, Haptic Radar and HaptiKar, exhibited at LAVAL VIRTUAL 2009, 22-26 April 2009.

東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川妹尾研究室
Ishikawa Senoo Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Senoo Laboratory. All rights reserved.
logo