masterhead masterhead  masterhead

ブックフリッピングスキャニング

概要

デジタル書籍のニーズが急速に高まっている.しかし,紙に印字された従来の書籍を,高速かつ手軽に電子化するための技術力は十分でなく,デジタル書籍の波及に歯止めをかけている.「全世界の全ての書籍を電子化する」という戦略目標を実現するために,今求められている必須の技術は,超高速な書籍の電子化技術である.この技術は,これまでの世界観を確実に変貌させる強力なものである.スキャンに要する作業時間が大幅に短くなることで,ビジネスから日常まであらゆる局面における行動のスタイルに対して,多大なインパクトがあると期待できる.

本研究の目標課題は,膨大な書籍に対して,かつてないスピードの高精度スキャンを可能とする技術の実現である.この実現に向けて,新たな書籍電子化の方式として,ブックフリッピングスキャニング (Book Flipping Scanning) を提案する.これは,ページめくり中に,紙面の動きを止めることなく,連続的に書籍を電子化するものである.この構想のもと,図書館や企業などで数百万冊レベルの書籍を電子化する応用から,モバイルで手軽に電子化できる応用まで,利用形態に応じた様々なシステムとその要素技術を開発している.



関連研究

メディア

参考文献

  • 渡辺義浩, 石川正俊: 籍電子化技術の新展開 -ブックスキャナの技術動向と超高速化への挑戦-, 現代の図書館, Vol.51, No.4, pp.210-216, 2013.
 
東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川渡辺研究室
Ishikawa Watanabe Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Watanabe Laboratory. All rights reserved.
logo