masterhead masterhead  masterhead

高速3次元センシングによる適応的撮像を行う高精細書籍電子化システム

概要

書籍電子化のニーズが全世界で急速に高まっている.このようなニーズのもと, 様々な書籍電子化技術が開発されているが,書籍を高速かつ手軽に電子化するための技術力はそのニーズに対して十分でない. 特に,書籍電子化には高速性と高精細の両者を備えた画像センシング技術が必須であるが,その両者を兼ね備えたシステムは未だに実現されていない.

我々は,高速な書籍電子化技術の実現に向けて,書籍のページめくり動作中に動きを止めることなく, 連続的に読み取る方式ブックフリッピングスキャニングを提唱している. ブックフリッピングスキャニングのアプローチは強力であり,様々な応用形態を提供しうると考えられる. これまでに,高速な3次元センシングを用いて,この新しい方法の有効性を確認してきた.しかし,電子化された書籍画像が低解像度である問題があった.

高精細化に向けたキーポイントは,ダイナミックな現象に対して適応的に撮像を行う画像センシング方法にあると考えられる. 任意のタイミングで生じる最適な一瞬に合わせて,画像センシングを機能させることで,効率的な高精細センシングを達成できると期待できる. そこで,本研究では,高速な3次元センシングと高解像度カメラのハイブリッドなセンサ構成によって, 変形中の書籍に対して電子化に最適な瞬間を適応的に認識し,高精細なスキャンを行うシステムを新たに提案する.




左から,システム外観,観測画像,補正した結果

関連研究

参考文献

  1. 有間英志, 糸山浩太郎, 山田雅宏, 小室孝, 渡辺義浩, 石川正俊: 高速3次元センシングによる適応的撮像を行う高精細書籍電子化システムの提案, 第17回画像センシングシンポジウム (SSII2011) (横浜, 2011.6.10)/講演論文集,IS2-17. SSIIオーディエンス賞, 優秀学術賞
 
東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川渡辺研究室
Ishikawa Watanabe Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Watanabe Laboratory. All rights reserved.
logo