masterhead masterhead  masterhead

複数視点による高速撮像を行う書籍電子化システム

概要

近年,高速かつ高精細な書籍電子化技術の需要が高まってきている.このような技術の実現において,複数台のカメラを配置して書籍を捉え,異なる視点の画像を統合することで高精細化を図る手法が有効であると考えられる.しかし,書籍の紙面は平坦でないと同時に,要求される画像の解像度が高い.このため,紙面の変形による書籍画像の歪みを補正するとともに,画像間の統合を正確に行うためには高い精度が要求される.さらに本研究では,めくり動作中の書籍に対して複数視点による高速・高精細電子化を行うことを目的としている.

このような背景のもと,複数視点での高速撮像を行う書籍電子化システムを新たに構築した.本システムでは,複数台の高速カメラを互いの撮影領域がほとんど重複しないように配置し,解像度の向上を図っている.さらに,このような構成下においても,めくり動作中の書籍の高精度な三次元変形推定と高精細な書籍画像補正の両立を図る手法を提案する.




左から,システム外観,観測画像,4視点を統合・補正した結果

関連研究

参考文献

  1. Yoshihiro Watanabe, Kotaro Itoyama, Masahiro Yamada, Masatoshi Ishikawa: Digitization of Deformed Documents using a High-speed Multi-camera Array, The 11th Asian Conference on Computer Vision (ACCV 2012) (Daejeon, 2012.11.08) / Proceedings, pp. 394-407. [PDF]
  2. 糸山浩太郎, 山田雅宏, 渡辺義浩, 石川正俊: 複数視点による同時撮像を行う 高速書籍電子化システムのための三次元変形推定と展開画像合成, パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU2011-112) (長崎, 2011.11.24)/信学技報, vol.111, no.317, pp.75-80.
 
東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川渡辺研究室
Ishikawa Watanabe Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Watanabe Laboratory. All rights reserved.
logo