masterhead masterhead  masterhead

SPE-4kシステム

概要

フォトディテクタ(PD)とプロセッシングエレメント(PE)を1対1に対応させた完全並列型の検出・処理回路を用い, ワンチップLSIへの集積化を可能とする汎用ビジョンチップアーキテクチャSPE(Sensory Processing Element)を用いたビジョンチップのスケールアップモデル. SPEでは, 汎用性と高速性を維持したまま, PEの回路規模を小さくするために, (1) SIMD型制御, (2) 4近傍接続, (3) マイクロインストラクション方式, (4) ビットシリアル演算 という方式を採用することにより, 1PEあたり 337ゲート(2入力NAND換算)というコンパクトな回路で実現されている.


SPE-4kはこのようなPEを64x64=4096個をマトリックス状に配置したものである. このシステムは, 提案したアーキテクチャの高速性及び汎用性を示すためのソフトウェア開発・検証システムでもあり, 様々な初期視覚アルゴリズムの高速動作を確認している.


動画



参考文献

  1. Masatoshi Ishikawa, Akira Morita and Nobuo Takayanagi : High Speed Vision System Using Massively Parallel Processing, IROS'92(1992 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems) (Raleigh, 1992.7.8)/Proceedings, pp.373-377
  2. 石川正俊: 超並列・超高速ワンチップビジョンとその応用, 日本ロボット学会誌, Vol.13, No.3, pp.335-338 (1995)
 
東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川渡辺研究室
Ishikawa Watanabe Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Watanabe Laboratory. All rights reserved.
logo