masterhead masterhead  masterhead

ビジョン アーキテクチャ

研究目的

実世界を捉え, リアルタイムに応答する高速ビジョン技術を用いて, 様々な分野において新しい応用を切り拓くためには, 限界性能に近い動作を可能とするシステム技術の創出が求められる. 要求される性能を充足しない領域でのシステムの実現は, 機能の制限をもたらす. 新技術を顕在化させるために鍵を握るのは, 応用・原理・デバイスの3者間の洗練された関係性を築くことで突出した性能と機能を実現する, 応用指向型のテクノロジーディレクションである. つまり, 新しい応用の構想を具現化するとともに, その価値を最大化する性能と機能を追求し, それを可能とする新しい原理とデバイスの両者を総合的に設計する能力が重要なファクターとなる.

ビジョンアーキテクチャは, この設計思想に基づき, 人間の眼を遥かに凌ぐ超高速の画像センシングを軸として, 様々な分野において新しい応用を切り拓く実践的な研究を総称するものである. 具体的には, VLSI技術, 並列処理, 画像認識, 計測工学を駆使して, 超高速の認識センシングシステムを創出し, ロボティクス, 検査, 映像メディア, ヒューマンインタフェース, デジタルアーカイブ等の分野で新しい応用を具現化している.

応用分野

高速3次元形状計測, 書籍電子化 (ブックフリッピングスキャニング), デジタルアーカイブ, 目視検査・既存マシンビジョンの置き換えによる生産ライン・知能ロボットの高速化, 高速検査 (形状, 欠陥, サイズ, 方向, 個数等), 路面・架線・トンネル壁面等検査, 自動車を用いた環境情報取得, ネットワーク化による環境情報の遠隔取得, 監視カメラ (人物追跡・高速高精度動画記録), 能動的顔トラッキングによる高精度顔認識・個人識別, 視線検出, 機器制御, 無停止バーコードリーダー, 流体計測, 粉流体の速度分布計測, 映像メディア, ジェスチャー認識によるヒューマンインタフェース (スマートフォン, タブレット, コンピュータ, スマートテレビ, ゲーム, デジタルサイネージ), 医用画像計測等.

研究成果

超高速プロジェクタとその応用

超並列画像処理アーキテクチャと高速画像計測

高速3次元センシングとその情報再構築

超高速デジタルアーカイビング

高速ビジョンを用いたヒューマンインタフェースのシステムデザイン

過去の研究成果


東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川渡辺研究室
Ishikawa Watanabe Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Watanabe Laboratory. All rights reserved.
logo